1. >
  2. >
  3. 服装・髪型…バイトの面接前に確認したいチェックポイント
アルバイト

服装・髪型…バイトの面接前に確認したいチェックポイント

アルバイトの面接、チェックポイントは覚えておくほうがいい

学生時代、結構アルバイトした経験があるから、バイトの面接はしっかりポイントをおさえて挑むべきだと学生の皆さんに伝えたいです。
大学生のバイトの面接は就職活動につながることにもなります。

髪形、服装、バイトだからってなんでもいいということはありません。
気を付けるべきポイントを理解していれば、自分が希望するアルバイトの面接もクリアできるはずです。

ヘアスタイルは清潔がポイント

バイトもそうですが、就職の面接のときなども髪形は清潔にすることが大きなポイントです。
アルバイト情報の募集を見ると、ヘアスタイルは自由と書かれている事が多いのですが、これは、社会的常識内で・・・ということになります。

学生のバイトは飲食店などが多くなりますが、接客する場合にはお客様が不潔と思ってしまうヘアスタイルではNGです。
茶髪、金髪、かなり明るい茶髪などは避けること、また長髪、丸刈り、それに他の人とは明らかに違うヘアスタイルは避けることが必要でしょう。

例外的にクラブなどで奇抜なヘアスタイルでもいいという所がありますが、これは特殊な髪形が認められている世界だからです。
飲食店は特に清潔に見えない、特殊すぎるヘアスタイルは嫌われます。

面接にふさわしいヘアスタイルは、男性の場合、短め、目がしっかり見える前髪、黒、若しくは黒に近い暗めの茶色、清潔感を感じられるスタイルです。
女性も色は黒、黒に近い自然な色、ロングの場合は縛るなど清潔感のあるスタイルで面接に挑むべきです。

服装はどうすればいい?

バイトの面接の服装、これもまた迷いますが、服装のポイントも清潔感です。
飲食店などの場合、服装は特に指定されませんが、面接ではそのバイト先の目上となる方に初めて会うという時間になります。
そのため、やはり清潔でしわなどもなく、しっかり選択されている服装で、小ぎれいにするということがポイントです。

女性はブラウスにスカート、パンツなどのスタイル、男性もシャツにチノパンなどがいいと思います。
バイト先が事務系、またちょっとかしこまったところなら、リクルート系の服装をしてもいいでしょう。

飲食店などでバイトする方が多いと思いますが、Tシャツにジーパン、サンダルなどはNGです。
カラーシャツでも色味が派手ではないもの、ボタンをしっかり締めて、パンツはベルトをしてしっかり履くこと、靴も汚れていないものを履いていきます。

雇用する側の心理として、バイトで同じ年齢、同じような雰囲気という場合、やはり清潔な服装、ヘアスタイルなどで来る、一般常識をわきまえている人を雇用するはずです。
バイトの面接は特にスーツなどを着ていくことは少ないと思いますが、誰にあっても恥ずかしくない普段着で行くことがポイントになります。