1. >
  2. >
  3. 知らなきゃ損!覚えておきたい学割サービス10選
学生生活

知らなきゃ損!覚えておきたい学割サービス10選

学生だから利用できる学割・・カラオケ

学生だから利用できる学割、最近は本当に種類が多くなって、美容、食事、遊び、それに引越や旅行まで、色々な学割があります。
これを活かせるのも学生のうち、学割をとことん使い倒しておきましょう。

カラオケは家族でもよく行くし、友達同士で行く機会も多いです。
学割だと30分で100円安くなるという所もあるので、学生さんはかなり利用していると思います。

ボウリング場、スポーツ施設の学割

最近はフットサル、ボーリング、色々なインドアスポーツを楽しめる施設が多くなっています。
ここにも学割があり、結構安く利用できるので多くの大学生が利用しているのです。

中高生の学割もあるのですでに使い慣れている人も多いスポーツ施設の学割は、大手の総合施設にもありますし、ボウリング場単体でもあると思うので探して利用しましょう。
学割がない社会人になるとこういう施設を使うのもお金がかかるなーと痛感するものです。

勉強にも休憩にも、ちょっと一晩宿泊するにも便利なネットカフェの学割

勉強する時や、漫画、ゲームをじっくりしたい時などによく利用するネットカフェにも学割があります。
100円から500円程度の割引ですが、これでも学生には十分嬉しい学割です。

飲み会で終電を逃した時によく利用した経験があります。
店舗によって学割がないところもあるので、注意が必要ですね。

映画館の学割は他の割引も考慮して利用しよう

映画はプライベートでも楽しめますし、歴史の勉強になったり、諸外国の文化を知ることもある最高の娯楽です。
映画が好きでこの関連業界に入りたいという人にとっては、映画は勉強の場です。

そんな映画館の学割は一般が1800円で、学割が1500円という金額なので、別の割引を利用する方がお得になるという声もあります。
でも学生だから利用できる割引ですから、他の割引とうまく活用しながら利用すればお得です。

デートにも利用したい遊園地の学割

遊園地の料金って結構高いので、デートに利用するにも結構出費が多くなるといわれています。
でも学割があればかなり安く利用できるのです。

季節限定の学生割引を行っている遊園地もあるので、学割情報をよく見ているといい情報をゲットできます。
彼女と素敵な思い出作りしたいという時、遊園地の学割は強い味方になるのです。

今どきの大学生はおしゃれ・・美容室の学割

今どきの大学生はおしゃれさんが多い、ということで美容室の学割もかなり人気となっています。
美容室の学割はカット、カラーなど色々な種類がありますし、美容室の学割情報尾を得られるサイトなどもあるので、活用しましょう。

自分も大学の時がもっともヘアスタイルに気を使っていたので、美容室の費用って結構掛かりました。
少しでも安くなる方がいいので、学割は本当に便利です。

居酒屋の学割メニューは学生にとって最高の割引

大学生も20歳に突入すると、友達と一緒にわいわい飲んで騒ぐのが楽しくて仕方ない時期が来ます。
自分もよく、どうしてあんなに楽しかったのか?と思うくらいに、よく友達と飲み、何でもないことで笑い、酔っぱらったものです。

羽目を外しすぎるのはよくありませんが、友達と居酒屋に行った思い出って結構強く残っています。
居酒屋は学割メニューなどを提供してくれているので、そういうお店で飲むとお得です。

大学生で免許取得するなら学割を利用しない手はない

昔よりもずっと自動車学校の費用が安くなり、40過ぎの上司なんかは「自分たちのころは今みたいに合宿免許であんな安い金額なんてなかったよ」と愚痴られることも多いです。
料金プランによってかなり安く利用できますが、大学生協を通じて申し込むことで学割を受けることができるプランもあるので、確認してみるといいですよ。

自動車学校の学割は1万円割引なんてところもあるので、後から知って後悔する学生も多いです。
しっかり情報をチェックして一番お得に利用できるところを選択しましょう。

王道中の王道、公共交通機関の学割

学生の時に学割を利用するっていうと、やはり公共交通機関、JRや地下鉄、バスなどの定期券などに学割が適用されます。
JRの場合、片道100㎞を超えるときには、乗車券も学割となるので、これは覚えておくと便利です。

学生は携帯も安く利用できる

各携帯電話会社で学割をしているので、携帯、スマホも学割で安く利用できますね。
学割プランは安かったんだな・・と社会人になってから携帯料金の高さにびっくりする事もあるのです。

格安スマホなどは今のところ、大学生向け学割がないのですが、それ以外ならかなり安くなるので利用しない手はありません。
ただ補償サービスなどは費用がかかっても入れておくほうが、万が一の時に安く故障修理などができるのでお勧めです。